経理関係

屋号のみで銀行口座を作りたい個人事業主・フリーランスの方へ朗報!

投稿日:2019年6月3日 更新日:

屋号で銀行口座を作りたい

独立したら、屋号で銀行口座が作りたい!というささやかな願い

個人事業主として開業届を出し、フリーランスとして活動し始めて、私がまずやりたかったことは、屋号で銀行口座を作ることでした。

お客様から制作費を振り込んでもらう際に、振込先は個人名の口座ではなく、屋号で開設した口座がいいなと思っていたのです。

その方が社会的に信頼性も上がるし、きちんと事業用の口座として管理していきたいなと考えていました。

 

口座開設の方法をゆうちょ銀行で聞いてみたら・・・

インターネットで色々調べていると、屋号での口座開設が出来ると掲載しているサイトもあれば、審査が厳しくて個人事業主では口座開設は出来ないと掲載しているサイトなど様々で、よく分からなかったので、私は近所の郵便局に聞きにいきました。


「個人事業主として開業したので、屋号のみで口座を作りたいんですけど、どうしたらいいですか?」

郵便局員さん
「ゆうちょ銀行では法人もしくは商号登記した個人事業主しか屋号つき口座を作ることができません。もし作るとしたら屋号と個人名の表記になります。でも個人の口座をゆうちょ銀行に持っているなら、口座が重複するのでおすすめはしません。」

とのことでした。

あ~残念!

屋号のみでは作れないのか・・・

その郵便局員さんから、他の銀行でも個人事業主の屋号のみの口座開設は難しいのではないかとお聞きしました。

そんな時、FREENANCE(フリーナンス)というサービスを知りました。

 

屋号のみで振込専用口座を開設できるフリーナンス

FREENANCEの無料口座開設はこちら

フリーナンス振込専用口座なら、自分の希望する口座名義で開設できます。

口座維持手数料は無料!

振込専用口座から週に1回、自分のメインバンク口座に振り替えることが出来ます。

その際の振込手数料も無料です。

しかも、さらに安心の補償まで無料でついてくるんです!

 

フリーナンスの損害賠償保険は事故の補償が無料で受けられる

フリーナンスのあんしん補償とは、仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故の補償(最高5,000万円)が無料で受けられるというもの。

フリーランスで活動していると、情報漏えい、著作権侵害、偶然の事故による納期遅延などのフリーランス特有の事故が起きる可能性もありますよね。

会社員なら会社の保険が守ってくれるかもしれません。

でも、どこにも属していないのが個人事業主・・・。

だから、もしもの時にフリーナンスのあんしん補償があれば安心です。

あんしん補償

受託物の事故
写真撮影用にお客様から預かっていた新製品の模型を壊してしまった。

情報漏えい
業務に使っていたパソコンがウィルス感染し、お客様の大事な情報が漏えいし発注者に営業損失が発生した。

著作権侵害
お客様へ納品した成果物に対して、第三者から損害賠償請求を受けた。

納品物の瑕疵
納品したシステムに不具合が生じ、システムの使用不能期間の代替手段に要する費用が発生した。

納期遅延
職場が罹災し、納期に間に合わせることが出来ず、発注者から損害賠償請求を受けた。

 

フリーナンスなら無料で屋号の口座が作れて、損害賠償保険もついてくる!

フリーランスの人には、至れり尽くせりのこのサービス!

アカウントを無料開設するだけで、フリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯されます。

また、請求書をフリーナンスで買い取る「即日払い」を利用することも可能です。

詳しくは、公式サイトでご確認ください。

 

-経理関係
-, , ,

Copyright© MESSAGE GRAPHIC , 2019 All Rights Reserved.